中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2016年07月12日

不正選挙を告発している不正なブログたち・その2

前回は不正選挙陰謀論・創価学会編をご紹介しましたが、今回は自民党編です。

創価学会編はこちらです
http://y-iyasaka.sblo.jp/article/175993601.html

選挙後のフェイスブックや色々な人のブログを見ていると、三宅洋平氏の支持者の中に小野寺光一という人のメルマガの記事らしきものをシェアしている人がかなりいます。

小野寺氏の記事によると、三宅洋平氏はダントツトップ当選だったのに不正選挙で落選させられた、と言っているのです。
選挙当日の深夜0時現在の三宅洋平の地区ごとの得票数の一覧が紹介されていて、地区によってかなりのばらつきがあり豊島区や荒川区などでゼロ票となっているのはおかしいと言っているのですね。
彼の結論として、「私が思うのは、おそらく三宅洋平はものすごく人気が高く票が投じられたためまともに投票された投票箱が開けられれば、かなりの得票を示す。しかし区によっては、おそらくかなりの箱数がすりかえられたのかまたは、500票バーコードの設定によって他候補者に振り替えられてカウントされてしまっている」と書いてあります。

この記事を鵜呑みにした三宅洋平の支持者たちが、「東京都の選管には自民党員が多い」「完全に政府の工作だ」とネットで大騒ぎをしているのです。

地区によって時間ごとの開票率にばらつきがあるのは別に不自然ではないと思いますし、この人が転記しているのは三宅洋平だけの得票数なんですよね。
豊島区や荒川区などで、他の候補者の0時現在の得票数はどうだったのでしょうか? この時間帯では他の候補者にもゼロ票表記があったのではないでしょうか。

それから、三宅洋平氏はダントツトップ当選だった、というのは何を根拠に言っているのでしょうか? 
今回の参院選で東京選挙区は近年まれに見る激戦となりましたが、結局は自民、公明、民進、共産という大きな政党の候補者が順当に当選したという結果でした。これはメディアによる事前調査や出口調査の結果とも大差はなく、大方の予想通りの結果だったと言って良いでしょう。
今回、私はミニ政党を応援していたのですが残念な結果に終わりました。有権者は長いものにまかれるという、いつものごとくの傾向でした。

三宅洋平が横粂勝仁よりも得票が少なかったのはおかしい、と言っている人もいますね。
横粂氏は過去に高視聴率だったテレビに出演していたタレント候補で元衆議院議員でもある。もともと、かなりの票を集めるだろうと予想されていた人ですよ。もともと全国的に三宅洋平より知名度が高かった。

ましてや、自民党が票を工作をして対立候補を落選させるとしたら、民進党や共産党の候補者を落とすはずです。
無所属の三宅洋平が一人でぽつんと国会の中に入ってきたとしても法案を提出する権限もないですし、事実上、自公政府としては痛くも痒くもないです。

ちなみに、東京都の選管発表の最終集計結果はこのようになっています。
http://sokuho.h28sangiinsen.metro.tokyo.jp/h28san_skai.html

とにかく今は多くの人たちが集団催眠にでもかかっているかのような状況があります。
今回の参議院選のある開票所では、立会人の1人が「筆跡の似た票が大量にある」と言って点検印を押すことを拒否したため、1票ずつ念入りな点検作業をすることになり確定時間が大幅に遅れたなどのエピソードもありました。

ところでこの小野寺光一という人、国際評論家を自称しているようなのですが、ネット検索をしても経歴やプロフィールらしきものがほとんど出てこないんです。これは、リチャード・コシミズ以上にあやしい。
経歴を非公開にして国際評論家と名乗ることぐらいならば私だって出来ますよ。この人、どうやって収入を得て生活しているのでしょうね。


関連記事
今なぜ、カルト宗教のマインドコントロールの手法を知らなければいけないのか。
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20160714-1

posted by やしろいやさか at 07:28| Comment(0) | 社会の不思議

2016年07月08日

不正選挙を告発している不正なブログたち

昔から、選挙になると、特定の候補者を陥れる目的で作成された「怪文書」と言われるものが世の中によく出回ったものでした。
それらの殆どは、嘘か誠か確かめようもない内容で巧みに作られていたものでした。

時代の移り変わりで、今回の選挙ではインターネットを利用して大量の怪情報が流れました。
ただ、それらが昔の怪文書と違う点は、少し調べれはすぐに嘘だということが判るような稚拙なものが殆どだったということです。

例えば、三宅洋平氏を陥れた動画や画像。
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20160706-1


ほかにもいろいろな怪情報がありました。

このブログの記事もよく考えるとおかしいですよね。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201406/article_13.html

これ、過去にインターネットでかなり拡散しまくられていたネタです。今回の参議院議員選挙の期間中にも拡散されています。リチャード・コシミズと名乗る人のブログです。(話題の「ムサシ」のネタを流しているのもこの人です。)
このブログに書いてある内容によると、創価学会の人たちが、なんと池田大作さんからの直々の命令で、選挙の票の偽造をやっていたというのです。

それにしても、全国各地の投票所(or開票所)に学会の人たちが、いつのタイミングでどういう方法で潜入して、時間的にもかなりの速攻で、他の職員の目を盗んでこんな大量の投票用紙の書き込みをやっていたのでしょうかね? しかも、バレた人は一人もいなかったらしいです。
……創価学会はマジシャンの集団か?

こちらのブログには、動かぬ証拠としてそれら投票用紙の画像が掲載されていますが、
http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/f7b7edb0d8d64f9115324b82126855df

touhyouyoushi.jpg

確かに、似たような筆跡の票が並んでいるようにも見えます。
……でも、よく見ると筆跡が違う。

それから、この記事によると、創価学会のある会員が意を決して内部告発をしたという設定になっていますが、その人は頭の悪い人だったのでしょうか? (マジシャンなのに。。。)
こういうネタが大好きな週刊誌とかがあるのに、なぜわざわざ素性もはっきりしない人のブログに垂れ込んだのか?意図が不明です。

それから、不正選挙ならば、警察の受付窓口があります。

選挙違反等に関する情報提供(東京都の場合)
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anket/senkyo_info.html

ところで、選挙運動期間中に行われているこういう捏造された情報の拡散自体が、取り締まりの対象にはならないのでしょうかね?

こちらも併せてお読みください。
不正選挙を告発している不正なブログたち・その2
http://y-iyasaka.sblo.jp/article/176043221.html

※ここに挙げたものもそうなのですが、一日のうちに何件も新しい記事(内容の濃い記事)がアップされているようなブログは疑ってかかるべきです。私自身が本業の片手間でブログを書いているからわかるのですが、記事を一つ書くのは大変な作業なのです。
そういうブログの主は、必死に記事を書いてさえいればどこからか報酬をもらって生活することが出来るということです。何か特殊な政治的意図を感じます。
しかも、そういうブログはあっという間に多くの人々に記事が拡散される傾向があります。そこそこの著名人のブログよりも拡散力があります。多くの拡散担当者が存在していると考えられます。


posted by やしろいやさか at 17:13| Comment(0) | 社会の不思議

2016年07月01日

医療大麻は利権まみれになるのか?

エコロジストで医療大麻の研究推進を掲げる高樹沙耶さんが参議院選出馬!
高樹沙耶さんがなぜ新党改革?という批判があります。
医療大麻が利権まみれになるという人がいます。
だから今、大切なことがあります!
     ↓ ↓ ↓
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20160630-1

posted by やしろいやさか at 11:28| Comment(0) | パラダイムシフト