中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2016年12月30日

お笑い芸人は知的な人たち

お笑い芸人は、知的な人たちだと思います。
しかし、お笑い芸人がやっていることを、自分なりにアレンジもせずに、そのまま真似する人というのは芸の無い人で、自分を捨てている人です。
しかも、自己の権力を利用して、忘年会などでそのようなことを他人に強要するような人は、相手の個性を埋没させようとしている人です。
2017年年明けの弥栄の会ブログで、これに関して重要なメッセージを発信します。

▼サル年の暮れに浮上したピコハラ問題から読み解く、オンリーワンの時代への転換期
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20161225-1


posted by やしろいやさか at 11:41| Comment(0) | 独り言

2016年04月19日

ジェムリンガ一派の新しい動き …女性のお腹は神社です

ジェムリンガとは、女性の子宮の中にパワーストーンと金属を入れたまま何日も生活させる風変わりな宗教で使用される器具のことで、昨年、複数の婦人科医や鉱物学者などが「危険行為だ!」というメッセージを発したことでネットで大炎上しました。

最近、そのジェムリンガを使用してきた女性たちの中に奇妙な動きの変化が起きています。
女性の内面から男性性を引き出すことでお金を稼ぐ能力を開発しようという一派(マネー教?)が現れたり、家庭生活や子育てを放棄して自由勝手に生きようとする一派が現れたりしているのです。
結局は、ジェムリンガを使用してもトラウマの解消も女性性の開発も出来なかった女性たちが、そういう本来の目的を諦めて、むしろ開き直って全然違う方向へ動き出したということではないでしょうか。

女性のお腹は創造の女神様が宿る神社です。産道はそのお宮(子宮)へ向かう参道(産道)であり、ここは神様(氣)と人間(男性や赤ちゃん)の通り道なのです。
そこに無機物である石や金属を埋め込んで塞いだまま生活するようになってしまったら、人間の本質がおかしくなってしまうのは当然のことでしょう。

私は、男性と女性は役割分担の中でお互いに相手をバージョンアップさせていくパートナーと考えています。女性の皆様には、女性として輝いてどんどん美しくなっていただきたいと思います。

★ここまでは、私がこれから本題として言おうとしていることの前書きです。
そうだからといって、私は彼女らに起きている現象を否定しているわけではありません。
ちょっと矛盾している言い方かもしれませんが、私が否定しない理由について、近日中にメインブログのほうに書く予定です。

★4月25日追記 …こちらに本題をアップしました
【振り子の法則】子宮系女子たちの出現によって戦争が無くなるシナリオ
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20160425-1

sandou3.png



posted by やしろいやさか at 20:16| Comment(0) | 独り言

2016年04月17日

メンタリスト・DaiGoに私が勝った瞬間

*****
16日放送の「炎の体育会TVスペシャル」(TBS系)で、女子フィギュアスケーター・浅田真央が、メンタリスト・DaiGoとの心理戦に見事勝利した。
番組では、DaiGoがアスリートと1対1で心理戦を繰り広げる企画「ファイブカード」に真央が挑戦した。ルールは真央が1〜5の数字が書かれた5枚のカードから1枚選び、DaiGoがそれを当てるというもの。勝負は2回戦で、1回でもDaiGoが外せば真央の勝利となる
1回戦では、真央が「3」を選んだところ、DaiGoに当てられてしまい敗北。DaiGoは、真央のトークを聞いていくうちに「3」だと見ぬいてしまったようだ。真央は思わず「やな人ですね〜」とこぼし、スタジオの笑いを誘った。
ところが、続く2回戦でもDaiGoが「3」を選択したところ、つぎに真央が選んだのは「4」だったのだ。この結果にスタジオでは大歓声と拍手が沸き起こり、まさかの結果にDaiGoは思わず立ち上がって苦笑い。
(2016年4月17日 ライブドアニュース)
*****

この番組、私は視てました。
浅田真央がどの数を選んだのかは最後まで視聴者にも公開されませんでしたが、私は彼女がカードを取り上げた瞬間に「4」だと見抜き、目の前にあった紙に書き留めたのでした。
私には時々、このようなインスピレーションが働くことがあります。
以前に、あるテレビ番組で、箱の中に入っているものを言い当てるゲームがあった時には、私はその箱が出てきた瞬間に、何やら丸っこくて表面がツルツルしていてヒゲのある物体をイメージしました。
その正体は下駄でした。
geta.gif
posted by やしろいやさか at 13:58| Comment(0) | 独り言