中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2015年04月28日

中山康直さんと秋山眞人さんのUFO対談をシェアします。

先日、中山康直さんと秋山眞人さんという、二人のUFOに乗船した体験を持つチャネラーがコラボした講演会に行ってきました。
このコラボは、芸術的に判りやすく話してくれる中山さんと、理論的に判りやすく話してくれる秋山さんとが絶妙な補完関係になっていて、結論に矛盾も無く、聞いていて飽きのこないセミナーでした。そして、私たちの固定観念を溶かしていく内容でした。

その内容の一部を別ブログで紹介しておりますので、是非ごお読みください。

「UFOに乗れる人とは、心身が健康な「いい加減」の人。」
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150415-1

この記事を書き上げた今日、窓から空を見たら、二本の虹がありました。
ダブルレインボーと言われ、幸運の前兆のサインらしい。

DSCN1610.JPG

DSCN1614.JPG

posted by やしろいやさか at 14:18| Comment(0) | 超常現象

2015年03月29日

後を絶たない「小さいおじさん」の噂

「小さいおじさん」がネットで話題になっているので、まとめてみました。

「目撃談によれば、小さいおじさんの身長は8センチメートルから20センチメートル程度。窓に貼りついていた、浴室にいたなどの目撃例があり、道端で空き缶を運んでいた、公園の木の上にいた、などの話もある。」(Wikipedia)

当初は芸能人による目撃談が話題となりました。特に釈由美子さんかその先駆けと言えるでしょう。

釈由美子談
「浴室で泣いていると、ジャージを着た小さいおじさんに声を掛けられて、怖いのでシャワーを掛けたら排水溝から流れて行った」
「わたしが部屋で寝たふりをしていると、小さいおじさん3人で一杯やっていた」

最近では、小さいおじさんが大宮八幡宮によく出没するという噂など、一般人による情報が飛び交っています。
小さいおじさんの正体は妖精説、宇宙人説、幽霊説、幻覚説などがあります。






アルゼンチンの家庭で小さいおじさんが撮影される!
通りすぎる間に、激しいノイズで音が!(2011年1月撮影)


九州スポーツ新聞(2011年7月1日刊)に掲載された写真。園児の女の子の足元に謎の生物が写っている。
kyuspopng.jpg

minioji.jpg

英マンチェスター・メトロポリタン大学の講師が「妖精を撮影した」と主張! ネット上に公開して議論に発展。(写真をクリックすると拡大します) 
参照元: manchestereveningnews.co.uk
JS33667511.jpg

タイトル「小さいおじさん」 写真家によるファンタジーなフォト
fantasyogi.jpg

posted by やしろいやさか at 20:59| Comment(0) | 超常現象

2015年03月25日

中山康直氏が搭乗した有機体のUFO


中山康直・半田広宣の共著『反転の創造空間《シリウス次元》への超突入!』によると、中山康直氏は2008年、エジプト・バレンケのピラミッド遺跡を巡った際に、有機体と思われるUFOに遭遇したという。
ジャングルの奥深く入ったところに滝があり、その横に直径5〜6メートルほどの振動する楕円形の物体があった。一般的にUFOというと金属製のディスク状のものを連想するが、それは心臓が鼓動しているかのように動いていて、緑色に近い色だった。
彼はその物体に乗ったが、なぜか乗り物に乗ったという感覚は無く、まるで大好きな人に久しぶりに会ってハグをするような感覚で飛び込んで行ったのだ。
その後、彼の記憶の中には、巨人から小人まであらゆる人種、そして様々なタイプのたくさんの人々が円卓で食事をしながら会議をしているリアルな記憶が残っていた。
また、この体験をする3年前に不思議な黒服の中年男性に会っていた。もらった名刺には「宇宙開発機構」という団体名が書かれていて、その男性は中山氏に対して「宇宙人と会合しませんか」と提案をしたという。
彼がその提案を承諾すると、その男性は「宇宙人との会合に向けたマナーを学んでください」と言って去って行った。それからしばらく経ったある期間、中山氏はUFOに乗るリアルな夢を毎日見続けた。

ジブリアニメに登場する有機体の乗り物「ねこバス」
necobasu.jpg

posted by やしろいやさか at 22:32| Comment(1) | 超常現象