中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2016年07月26日

医療大麻裁判の山本正光さん、逝去

末期がん治療のために医療大麻の解禁を求めて裁判を戦っていた山本正光さんが、7月25日12時16分、ご逝去されました。
謹んでお悔やみ申し上げます。
これに伴い山本医療大麻裁判は終了となりました。

山本正光さんの軌跡
http://www.taimasou.jp/index.php?medicine_3


posted by やしろいやさか at 22:49| Comment(0) | 心と体を癒す

2016年04月06日

伊勢たくあん

DSCN1912.jpg
 
DSCN1908.JPG

近くの大型スーパーで買った「伊勢たくあん」。1本1000円。無添加。
昔ながらの製法で半年以上、乳酸菌発酵させたものらしい。
歯ごたえがあり味は旨みが濃厚だが、やや塩辛いので、薄くスライスしてご飯のお供にちょうど良さそうです。

posted by やしろいやさか at 16:34| Comment(0) | 心と体を癒す

2016年01月28日

パンツじゃないですよ!!申年に赤ふんどしを装着すると縁起がいい!

今年は申年。

さてさて、、、私たち日本人は、もともとパンツを穿いていなかったはずなのですが、いったい、いつの時代からこんなことを言われ始めたのでしょうか??
申年に赤いパンツを穿くと縁起がいいらしいとマスコミが報道して、今年は新年から赤パンツが飛ぶように売れているそうです。

ところが、明大教授の栗本慎一郎氏の著書「パンツをはいたサル」の中で、猿にパンツを穿かせると1週間で死んでしまう話が紹介されている事実を知っていますか?
ちょっとまずい社会現象ですね。
またまたマスコミの陰謀!?

申年に穿くと縁起がいいのは赤パンツではなく、赤ふんどしなのですよ!
真実をちゃんと知っている人たちは、新年から麻の赤ふんどしを新調しています。

2月14日はバレンタインデーとして知られていますが、2(ふん)1(とお)4(し)で、日本ふんどし協会が制定したふんどしの日でもあります。
愛する人にふんどしをプレゼントする日。

中山康直さんがプロデュースした麻の赤ふんどしはこちらで紹介しています。
http://www.yaei-sakura.net/iyasaka/


posted by やしろいやさか at 23:11| Comment(0) | 心と体を癒す