中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2017年09月24日

安倍政権が衆議院選挙を行うことを決めた理由

安倍政権が10月に衆議院選挙を行うことを決めた理由は、民進党がガタガタ状態になっているタイミングを見てという事もありますが、今年の末か来年の前半ぐらいまでにアメリカと北朝鮮との間に武力衝突が起こる可能性が非常に高いという認識がある事も影響しています。
その中で、日本のこころの中山恭子代表が、小池百合子東京都知事の側近らが結成する国政新党に参加する意向であることが報道されました。

中山恭子氏の参加によって判明したことは、小池新党は自民党と連携した動きを取るようになるだろうということです。
今度の衆議院選でもし自民・公明の与党が思ったほどの議席数を取れなかったとしても、小池新党を加えれば保守勢力が3分の2を占める可能性が高くなってきました。
緊迫する北朝鮮情勢が国民世論を後押しする可能性があり、憲法第9条が改正される道筋が固まりつつあると言って良いでしょう。
北朝鮮問題については、私たち国民は冷静に考える必要があります。

▼北朝鮮問題は私たちの意識の鏡。違いを認め合うことから始まる国家レベルのアセンション
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20170917-1




posted by やしろいやさか at 17:47 | Comment(0) | 第三の視点
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。