中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2017年07月03日

小池新党と自民党との連立政権も

東京都議員選で都民ファーストが圧勝。
メディアは自民党の歴史的惨敗と報道しているが、実際には民進党の終焉が決定づけられた選挙だったと言って良い。
民進党は、自民党にとっての逆風を自党の躍進に繋げることが出来ず、逆に改選前7議席から5議席に減らした。

小池氏の政治思想は間違いなく保守であり、基本的に自民党と大差はない。
池上彰氏のインタビューによると、小池氏は自己のグループと自民党とのこれからの関係について、日本維新の会と自民党のような関係をイメージしているようだ。

今回の都議選の結果によって、二大保守勢力が凌ぎを削る形が出来たと言って良く、民進党はその煽りを受けてこれから存在感がますます薄くなっていくだろう。
つまり、日本の政治は保守勢力同士で刺激をし合いながら発展していく。

また、次の衆議院選挙の結果次第では、小池新党と自民党との連立政権が誕生するという可能性も見えてくる。

posted by やしろいやさか at 00:55 | Comment(0) | 第三の視点
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。