中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2016年12月31日

神社の正式な参拝作法は、三礼三拍手一礼

神社へお参りをする時、明治以前の日本では、三礼三拍手一礼が常識でした。
その理由は、神道で最古の神が「天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」「高皇産霊神(たかみむすびのかみ)」「神皇産霊神(かみむすひのかみ)」の三柱(造化三神)であるからです。
http://www.yaei-sakura.net/index.php?society_h0011

明治維新以来、これを二礼二拍手に改める風潮が広まったらしいのですが、二礼二拍手を徹底したのはやはりGHQの占領政策で、大麻取締法と同様に神道の格下げを行う目的があったという話があります。

三位一体という言葉もありますが、3は安定を意味する数です。
エハン・デラヴィ氏は、物事はすべて「プラス」「マイナス」「ニュートラル」の3つから成り立っていると言います。
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150323-1

バシャールも、クリエイション(創造)は二元ではなく三元であり、存在の本質は、ポジティブなエネルギーとネガティブなエネルギーと、その間のニュートラルな空間があると言います。


posted by やしろいやさか at 11:10| Comment(0) | 第三の視点
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。