中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2016年11月03日

バシャール、2016年秋の変化はトランプ大統領の誕生?

兼ねてからバシャールは、2016年の秋に何か重大なことが起こると予見していました。
その出来事に対する捉え方は人によってそれぞれであったとしても、数年後に振り返った時に、大きな変化が2016年の秋に始まっていたことを誰でもが気づくようなことだと言います。

バシャールがダリル氏のボディーを借りて話しているのはアメリカ。
この秋に予定されていたアメリカの大イベントは大統領選です。

アメリカの有権者の3分の1はインディゴ世代です。
インディゴたちの動向が大統領選挙に大きく影響します。

ヒラリー・クリントン氏は今までのアメリカを踏襲する勢力の中から現れた人ですが、トランプ氏は反グローバリズムを明確に打ち出しています。
大統領選でトランプ氏が勝てば間違いなく世界が揺れます。彼が世界を揺るがす前に暗殺される可能性もあるでしょう。

トランプ氏の政策が実施されていけば、これまでアメリカ追従を貫いてきた日本は一時的に苦境に立たされるでしょう。
しかし、それによって日本はアメリカから距離を置く政策を取らざるをえなくなるので、結果としては古き良き日本が取り戻されていくきっかけになるかもしれません。


posted by やしろいやさか at 16:43 | Comment(0) | パラダイムシフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。