中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2016年02月18日

奴隷発言、丸山議員に対する人種差別批判こそが人種差別である

自民党の丸山和也参議院議員が17日の参議院憲法審査会で、「今、アメリカは黒人が大統領になっている。これは奴隷ですよ、はっきり言って。まさか、建国当初に黒人、奴隷が大統領になるなんて考えもしなかった」などと発言。
民主、社民、生活の3党は、その発言を人種差別でありアメリカの大統領に対する侮辱だとして丸山議員に対する辞職勧告決議案を参院に提出した。

オバマ大統領は奴隷の子孫ではない。オバマ大統領の父はケニア出身で、父がケニアからハワイ大学に留学中、カンサス州出身の白人である母親と知り合い結婚しオバマ大統領が生まれた。
したがって、丸山議員は、事実を誤認したことについては訂正して謝罪しなければならない。
しかし、丸山議員の発言が人種差別的であるとか、米大統領に対する侮辱であるといった野党の認識が正しいとは私は思わない。

過去にアメリカ人がアフリカから黒人を拉致してきて公然と奴隷として扱っていたことは事実である。今のアメリカには、その子孫が大勢存在している。
黒人たちは自ら望んで奴隷をやっていたわけではない。強制的に奴隷として働かされていた黒人たちは卑しい存在では無い。
黒人奴隷の史実を話すことは、黒人に対する人種差別になるのだろうか?
黒人奴隷の子孫は、恥ずかしい存在なのだろうか?

仮にオバマ大統領がそういった奴隷の子孫であったとしたならば、そうでありながら大統領としてアメリカのために尽くした彼は、むしろ誇らしい存在ではないか?
野党が「アメリカの過去の汚点を掘り返すな」と言うのならばまだわかる。しかし、「オバマ大統領に対する侮辱だ」という意見は、それこそが人種差別である。

ただ、今回の丸山発言中の失言は、そこではなく別の所だったような気がする。

posted by やしろいやさか at 19:14 | Comment(4) | 第三の視点
この記事へのコメント
民主、社民、生活の3党はいつから親米になったのでしょうかね?
Posted by ふくろう at 2016年02月18日 20:03
私も丸山議員の失言はそこじゃなかったと思いますが、野党としてはそっちのほうが攻め甲斐があると踏んだのでしょう。
安倍内閣とアメリカとの関係をこじらせよういう意図もあるでしょうね。
彼らは日本を良くしたいのではなく政府の足を引っ張ろうとしているだけですから。
Posted by K.T at 2016年02月18日 20:33
こういった記事を見つけましたので転載します。
「丸山議員の「黒人奴隷が米大統領」発言はメディアのねつ造だったことが判明!」http://blog.esuteru.com/archives/8509632.html
Posted by *アサミ* at 2016年02月23日 23:18
ただ、Wikipediaによるとオバマさんのお母さんはアメリカ最初の黒人奴隷のジョン・パンチ氏の血を引いているそうです。

オバマさんのお父さんは黒人奴隷の子孫ではないし、お母さんは黒人ではないけど、オバマさんは黒人奴隷の子孫であり、黒人である事は確かです。
Posted by 田中 at 2016年02月25日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。